[平均変化率と7倍角]数学2Bが歴代最強に難しいと話題に|予備校も予想しなかった7倍角と平均変化率とは センター試験2015年

1月18日に行われたセンター試験2日目の数学(2)の難易度が予想以上に高かったという受験生の声が集まっている。特に数2Bに苦戦した受験生が多いようで、「難しすぎる」などのコメントがTwitterで話題となっている

【話題】センター試験の数2が難化、「私の前で数2Bの話はするな」と受験生

 
【速報】数学2B、想像だにしない難易度。おそらくどこの予備校も予想していないであろう、平均変化率が出題された。7倍角も登場。

Twitterkygnaきぐな@センタア試驗 3時間前

1499RTお気に入りリツイート返信

んー、数2Bかあ。平均変化率はともかく7倍角は確かにちょっと想像つかんな。

TwitterSlight_BrightK.Makino@ベッカムの髭剃り 13秒前

お気に入りリツイート返信

センター平均変化率でたん? あれ完璧にできる人少ないと思うわ笑 微分の一番最初なのにね

平均変化率とこ7倍角とか何も怖くなくて数学の公式を無機質に覚えるだけじゃなくて、常にその本質を意識していれば必ず解ける良問でしたね。

TwitterCharao047高 岡 遼⤴︎ 1分前

お気に入りリツイート返信

@Cabbage_P_Shiho こういう変なこと押し付ける奴のせいでアイマスは敷居高いとかいろいろ言われるんですよね…… 2Bですね平均40くらいは確実ですね 問題難しい上に量が多いです 平均変化率とか7倍角でてきたので

なんで!!!今になって!!!平均変化率なんだよ!!!!

平均変化率で騒ぐってあれ一番初めにやるやつじゃん

平均変化率って

センター数2に七倍角に平均変化率か… 確かにこれは最難化と言われてもしかたない。

平均変化率かぁ〜…

平均変化率と7倍角はだれも予想しなかっただろう。がんばれ受験生、みんな気持ちは一緒である。