[悲報、小保方晴子が反面教師にされる]ノンフィクション「捏造(ねつぞう)の科学者 STAP細胞事件」が本になる|感想まとめ

ノンフィクション「捏造(ねつぞう)の科学者 STAP細胞事件」(文芸春秋、1728円)が7日、発売された。著者は毎日新聞科学環境部の須田桃子記者。論文発表直後から次々に疑義が呈され、論文の根拠が崩れていく経緯や、研究チームの主要メンバーが在籍した理化学研究所の後手に回った対応を克明に描いている。

予約していた毎日新聞記者須田桃子著『捏造の科学者 STAP細胞事件』が来た。科学記者の氏の実力は周知だが今回の事件はマスコミも利害関係者(加担者)なのでその点に関して踏み込んだ著作になっていることを期待したい(もちろん京大関係者も思いっ切り利害関係者です)。

「論文発表直後から次々に疑義が呈され、論文の根拠が崩れていく経緯や、研究チームの主要メンバーが在籍した理化学研究所の後手に回った対応を克明に」 / <STAP細胞事件>ノンフィクション「捏造の科学者」発売(毎日新聞) – Y!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150107-…

TwitterHiLars_Hiはいらーす 5分前

お気に入りリツイート返信

STAP細胞事件>ノンフィクション「捏造の科学者」発売(毎日新聞) – Y!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150107-…

新年初めての本購入! ???が解消されるか。 ドキドキします。 『捏造の科学者 STAP 細胞事件』 須田桃子著 文藝春秋刊 pic.twitter.com/8iAtfC88vO

#4: 捏造の科学者 STAP細胞事件 (文春e-book) dlvr.it/82KRqk

TwitterDietBusZraayjlzKindleストア の ベストセラー 37分前

お気に入りリツイート返信