Pocket

[自由ケ丘団地の開発]株式会社エンタープライズ自由ケ丘が民事再生法|倒産、破産 建設 大分県

当社は、1992年(平成4年)3月に地場建築工事業者が大分市南部エリアにおける1600区画を超える大型住宅団地「自由ケ丘団地」の開発と販売を目的に設立。しかし、隣接施設を所有する企業との間で開発を巡るトラブルが生じ、長期間にわたり計画は頓挫。地場建築工事業者は、2003年12月に開発を断念し(その後、特別清算)、用地取得にともなう借入金の債務保証をしていた地場建設業者4社が当社の株式を買い取り、事業を肩代わりすることとなった。2004年8月以降、大分市内における自社分譲のほか、ハウスメーカーなどを通じた代理分譲にも力を入れ、2013年8月期には年売上高約6億2400万円を計上していた

株式会社エンタープライズ自由ケ丘,民事再生法の適用を申請

株式会社エンタープライズ自由ケ丘(宅地造成・分譲 大分県大分市)民事再生法の適用を申請 tdb.co.jp/tosan/syosai/4…

TwitterCeekBusinessCEEK NEWS(経済) 9時間前

リツイート返信

【倒産速報】 株式会社エンタープライズ自由ケ丘dlvr.it/DJR9Np#tosan#TosanSokuho

【 帝国データバンク 大型倒産速報 】株式会社エンタープライズ自由ケ丘ift.tt/1ZuIRdF

【輝通信】 株式会社エンタープライズ自由ケ丘: (宅地造成・分譲 大分県大分市)民事再生法の適用を申請 負債152億円 bit.ly/1Wlpzaw

TwittermrkagayakiTHE・ブラック企業 9時間前

リツイート返信

大型倒産速報 株式会社エンタープライズ自由ケ丘: (宅地造成・分譲 大分県大分市)民事再生法の適用を申請 負債152億円 j.mp/1P9QEyb

TwitterGAITAME_info外為情報 9時間前

倒産といえばいいのか民事再生法が流れているが、建設関係のこのようなことはここ最近なかったので珍しいことなのかもしれない。ここ最近の倒産情報はほとんどパチンコメーカーやパチンコ関連などが多かったので。

Related Post

Pocket