[睡眠薬のひとつ]ロヒプノールとは まとめ|感想あり 副作用

ロヒプノールの効果

ロヒプノールの作用時間は「中間型」で血中濃度半減期は7時間。 要は一般的な人間の睡眠時間に合った効き目の持続時間を持っているのがロヒプノールの特徴であり、程よい効き目で、 翌朝まで薬の影響が残ることも少なく、スッキリとした目覚めが得られるということで人気があります。

ロヒプノールの概要

ロヒプノールの効果は確かによいところがある感じがする。

ロヒプノールの副作用

最も起こる可能性が高い副作用としては
翌朝の眠気、ボーっとする症状などがあります。

また超短時間型睡眠薬、特にハルシオンなどで起こる可能性が高い
一過性前向性健忘が起こる可能性はあまりありませんが
起こる可能性は考えられます。

 

急な服用中止によって反跳性不眠、離脱症状が起こる可能性
があり、また依存性(精神、身体)、耐性も起こる可能性があります。

「ロヒプノール錠」

ここで副作用といえるもう一つは少しだるさが残る感じがする。

個人的なロヒプノールの考察と感想

個人的にロヒプノールは非常に寝つきが良いのかもしれない。もっともこれは個人によるものなので人によってかなり変わってくるだろう。

そしてここから難しいのはロヒプノールの副作用だが、個人的に1日飲まなかったら、やはりふらつきなどの離脱症状が現れる。そして、やはり寝つきが悪いものである。

結果的にまとめると

ロヒプノールはかなり良い感じの睡眠薬ではあるが、どうしても一日抜くと寝つきが悪いのと離脱症状でふらつきが出てしまうものであるのかもしれない。そしてロヒプノールをなくしていくために今も試行錯誤しているが、個人的に有効だったものを上げていくと。

1、太陽をたくさん浴びること

2、バナナをたくさん食べること

3、牛乳を飲むこと

4、アボカドを食べること

5、スマートフォンやパソコンをなるべく見ないこと

6、クラシック音楽を聴くこと。

7、ヨガをしてみる

こじんてきに2と3と6はなかなか良かったのかもしれないが、今の所ロヒプノールに対抗できるものは難しいとしか言いようがない。

ならばどうすればよいのかと個人的にいまも考えている・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・多分ここからはかなり専門的に勉強しないとダメなのかもしれない。もしかしたらツボを押すのも良いのかもしれないし、他にも足を揉んでみるのも良いのかもしれない。

 

Related Post