仕事がつらくなった時に考えること|うつ病、精神病など

仕事に疲れたらまずはどうするか?仕事がつらくなったらまずは見ているサイト

体も疲れますが、同じように心にも疲れが溜まります。「うつ病」や「うつ状態」といった言葉もよく耳にすると思います。うつ病を発症する半年前にはその兆候が出ることがあるとも言われています。時には今の心の状態をチェックしたいものですね。心の疲れには、以下のようなものがあります

心が疲れたときに起こる症状

自分をみじめな気分にさせているのは、自分自身かもしれませんし、イヤで仕方ない仕事での日常を改善できるのは自分だけです。仕事への姿勢や態度を変えるためのコツとして、次の12点が挙げられます

仕事がイヤでたまらなくなったときに試す価値のある12のささやかな事柄

とりあえず散歩や会社の福利厚生を使うのはかなり有効なのかもしれない。そして寒暖差の影響がきついときは休むに限るのかもしれない。

現代の仕事は昔より明らかに労働条件が酷くなっているらしい。それは簡単にそもそもここ10年から100万円平均年収が下がっているらしい。

それでも必死に働くのはいいのかどうか?そして人件費が削られて削られて正社員のプレッシャーがドンドン増えていき、逆に非正規の人はどんどん年収が減っていく状態になる。

 

 

この2000年代のグラフだけ見ても明らかに非正規が増加している。

【拡散希望】うつ病患者は大抵幾つかの障害を併発する事になります。睡眠障害、摂食障害、パニック障害等、毎晩眠れず苦しみ、過食拒食に悩み、外出もままならない人達が日本には相当数存在します。しかし世の中はそれをなかったかのように黙殺します、酷い場合は仕事等の場面であからさまに差別します

うつ病でも仕事行ってる人、本当にすごいと思う。 自分のコントロールがうまいよね… 私も気分上げて行かなきゃ… (実は今日休んでしまったので)

労災申請関係の仕事をしている友達に仕事の愚痴を話していたら、「えっっ!?ちょっと待って、そのパターン、いずれ鬱病で休職っていうのが一番多いパターンだよ!!ねぇ!大丈夫!?」って心配された (´._.`)

Twitternonoworksnono 1時間前

個人的な仕事がつらくなった時のための考察と感想

現代の労働環境は酷いといえばひどいのだろう。そして今のところ経済が回復して位と言われているが、そもそもここ最近バブル崩壊からずっとずっと人の幸福度指数が減っている感じがする。それをチャートなどにいけばあと20年は酷いと感じている。

そしてそのあとの20年でやっと現代の水準に回復すると考えている。ならばあと40年は我慢の時間なのだろう。そしてこれからの10代から30代はまさにかなり・・・・というよりもまさに精神と魂を削って頑張らないといけないのかもしれない。

ならば私たちはこれからどのような生活をするのが良いのか?フリーターでも良いのか?ニートでも良いのか?今の所それがわからない。

 

 

Related Post